人間関係に悩む看護師へ〜医師(ドクター)との不和〜

看護師はコメディカルとの関わりで仕事が成り立ちます。中でも医師との関係は特に難しいもの。医師との人間関係に悩んでいる看護師は大勢います。

医師と看護師の立場関係

看護師は医師の指示のもとで看護を行います。最初から上下関係がはっきりしています。本来は違う職種ですからお互いに尊重すべきですが、看護師を同等に扱う医師はほとんどいません。
医師に対してへりくだる必要はありませんが、自分が下の立場であるという事実は受け入れておくべきです。そして、仕事がしやすいようにサポートするのが看護師の役割。必然的に医師に「お伺いを立てる」ということも多くなります。

ご存じの通り、人間的に傲慢な医師もいる

医師の中には、仕事で高い立場にいることで、人間的にも自分が高い立場にいると勘違いしている人も実際います。
患者に対しても傲慢な医師は、医師としてというより人間として失格です。ですが、実際の現場ではそのような医師は多く存在しますし、その人達がいなければ、今の医療は成り立ちません。人間として問題ありの医師でも、看護師はうまく関係を保つ必要があるのです。

 

できれば人間的・人格的に問題ありという医師とは、近づかないのがベスト。クリニックは医師兼経営者であることが多いので、関係が密になりやすい分、逆に一度関係を損なうと給料や休みetc.全ての仕事環境に影響が出ます。
また、外来も医師と過ごす時間が多いため、医師との関係をうまく作れる人・うまく扱える人がいいでしょう。年輩で人間的に大きな医師は、信頼のおける付き番の看護師に任せておいたほうが、適度に休憩をはさんだりフォローしてくれて、外来はうまくまわるということを知っています。若手だと口を出したり気分に波があり、扱いにくく感じます。患者に対してもあたることがありますので、患者側のフォローも必要になってきます。

医師の求める看護師になる

では、医師との関係をうまく保つにはどうしたらよいのでしょう?それは、「医師の求める看護師になる」ということです。医師が求めているのは、どういう看護師でしょう? 医師は、ベストなタイミングで必要な情報とサポートをしてくれる看護師を望みます。欲しい情報を過不足なく、知りたいタイミングで伝え、その段取りをしっかりとってくれて、確実に行う人です。

 

ちょっと気になる肝硬変の患者Aを外来で採血とエコーの検査に出して、その間に他の外来診察を進めていたとしましょう。ある程度診察をこなしたところで、医師はAのことが気になります。その時に、このような対応ができたら良いですね。

「Aさんの採血データはあと10分程でそろいます。エコー所見では腹水が貯留しているとのことです。実際体重は前回受診時よりも○キロ増加しています。○○病棟に、Aさんが腹水貯留で入院になりそうだと伝えてあります。本人も入院のつもりで支度してきています。外来が終わる頃、エコーと穿刺用具の準備をお願いしておきましょうか?」

このように先回りしてくれる看護師を医師は望んでいるのです。ですが、先走って準備しすぎたり、不要な情報を伝えてはいけません。
このように対応するためには、医師が今何をして欲しいか・どんな情報を先に入手しておく必要があるかということを、常に考えて行動しなくてはなりません。そして疾患の知識なくして患者の観察や必要なデータ、とるべき対応はわかりません。

 

結局は、医師との関係がうまい人というのは、お世辞を言う人でもへりくだる人でもないのです。自分の求めることをしてくれる看護師は、医師の方も大事にしてくれます。口は悪くても、電話で指名されるようなことがあれば、それは頼りにされている証拠。

 

医師との人間関係に悩んだら、まず自分が変えられることはないか自己分析してみましょう。医師を支えるのは看護師の役目でもありますし、必要とすることを察する力は対患者でも絶対に必要なスキルなのです。