人間関係が原因で転職を考えている看護師へ

ナースのポイント

職場の人間関係に悩む看護師は多いですが、人間関係のどの部分がつらくて今の職場を辞めたいのかは人それぞれです。
「人間関係のストレスで転職したい…」と思ったときには、「自分は誰との人間関係がうまくいかないと一番ストレスに感じるか」をはっきりさせておく必要があります。

 

今後、人間関係でムダなストレスを抱え続けないでいいように、下記の3つについて自分自身を見つめ直してみましょう。

誰との人間関係に一番ストレスを感じる?

ナースの人間関係イラスト1

看護師同士の人間関係

上司、同僚、後輩などナース間での不和が一番の原因?

医師との人間関係

医師との不和が一番の原因?医師と関係を築くのが苦手?

その他のコメディカルとの人間関係

助手、介護士、クラークなどとの不和が原因?うまく連携がとれない?

病棟・外来全体の関係

職場全体の人間関係にストレスを感じる?

女だらけの世界がイヤ

この場合は看護師という職業自体を考え直す必要があります。

人間関係について悩むナースが覚悟しておきたいこと

人間関係は一生ついてまわる

組織で働く以上、誰かと関わって仕事をすることになります。職業や職場によって、密度・重要性は大きく違いますが、人間関係からは逃げることができないと強く意識しておきましょう。
世の中には、一人でしているように見える仕事もありますが、だからといってラクとは限りません。

他人は変えられないけど、自分は変わることができる

人間ですから、どうしても合わない・苦手だと感じる相手はいますよね。だいたいどの部署でも一人は苦手なタイプのナースがいるものです。
その相手との関係で大切なのは、「相手を変えよう(良くしよう)と思わないこと」。他人は変わらないものだと思っておいた方が気分的にラクです。
そして、そのうえで自分がどう変われば働きやすくなるか、改善できるところを探してみましょう。

苦手な相手の良いところを見るようにする

合わない、苦手な相手と関わると、とにかく悪いところばかり見えてきます。イライラする部分ばかりに目がいきます。嫌いですから当然ですね(笑)
でも、それだとストレスになるので、できるだけ苦手な相手の良い部分を見つけて、そこだけを見るようにしましょう。
苦手な人は、自分に無いものを持っている場合も多いので、新しい発見につながることもありますよ♪

転職活動は人の力をうまく借りる

ナースがガッツ

「今の職場では、もう人間関係に耐えられない!」と思ったときは、心が折れてしまう前にすぐに転職活動を進めましょう。
働きながら進めるのがベストですが、どうしてもキツイ場合はいったん退職するのもアリ!
ただし、思うような求人・転職先が見つからない可能性もあるので、なんとか働きながら情報収集だけでもしましょう。

 

近場の病院に転職希望と決めている場合はいいですが、そうでない場合は内部の情報収集がカギになります。毎日、忙しく働く中で自分の希望に近い職場を見つけるのはとても難しいです。
転職してから気持ちよく働けるかどうかは、事前にどれだけの内部情報を調べるかでも変わってきますので、下記のサービスを活用している方が多いです(*^_^*)

看護のお仕事

ほかの転職支援サービスとココが違う!

看護公式1

 

全国の病院、クリニック、施設をフォロー!
求人内容だけでなく、離職率、現在の雰囲気、評判を教えてくれる!
交渉可能な条件には全力で対応してくれる!
利用料金 無料
転職支援金 あり(※転職後2か月以上勤務)
厚生労働大臣許可 あり

登録ボタン

ナース人材バンク

看護公式2

利用料金 無料
転職支援金 なし
厚生労働大臣許可 あり

登録ボタンミニ

ナースではたらこ

看護公式3

利用料金 無料
転職支援金 あり(転職後半年以上勤務+所定のアンケート)
厚生労働大臣許可 あり

登録ボタンミニ


人間関係が原因で転職する際に意識しておきたいこと

看護師は不景気でも必ず需要はありますし、転職に困ることはありません。ですが、安易に転職を繰り返すことはすべきではありません。どうしたら、一つの職場で長く働くことができるのでしょうか?

転職を繰り返すのは、なぜNG?

一般事務ではそれまでの仕事の内容やキャリアがわかりにくいこともあり、なかなか転職はできません。その点、看護師はどの時代にも必ず需要はありますし、「○年、○○病院に勤務しました。○○科・○○科の経験があります」というだけで面接はパスしてしまいますね。
だからといって、転職というのは「逃げ」で繰り返すものではありません。その理由を大きくまとめると…

  • コメディカルを含め、人間関係を築けない
  • 基本給が上がっていかない
  • 退職金が少なくなる
  • 転職歴がたくさんあると、次の転職に不利になる

やはりどこの病院にも生き字引のような人はいるもの。そこまでにはならなくても、コメディカルも含めて顔がきくようになると、仕事自体しやすくなるのです。そして、基本給というのは、長く勤めて少しずつ上がっていくもの。1〜2年で辞めるというサイクルでは、基本給が上がる前に退職です。次の職場にその基本給を維持してもらうのがやっとでしょう。基本給が上がらないと退職金も少ないですし、何より短いサイクルで退職金も何もありません。
一番の問題は、転職歴が多すぎる人というのは「流れ者」扱いされること。何か嫌なことがあるとすぐに辞めて他に行く人は、絶対に信用されません。

 

そこで、転職を繰り返さなくてもよいように、勤める病院はゆっくり・じっくり選びましょう。好条件なのにずっと求人が出ているところは絶対に避けるべきです。転職時には人材紹介会社を通して情報を集めてもらい、上手に交渉をまとめてもらうのが良いでしょう。

転職を繰り返さないためには?

勤務条件が明らかに聞いていたものと違う、家事・育児とのバランスがとれないという時は転職すべきかもしれません。ですが、自分が頑張ることでどうにかなるという時には、少し自分を成長させてみましょう。人間関係の悩みというのはどこにもありますし、同じ病院でも異動すれば人間関係はスタートに戻ります。コミュニケーション能力も、立派なスキルです。

 

まず、基本姿勢としてはベテランのアドバイスは素直に聞くべきです。納得がいかないことは、理由をしっかり聞いてみましょう。しっかりとした根拠がなく慣習でやっていることであれば、それは頑張らずに受け入れるしかありません。「郷に入っては郷に従え」です。これは意外と多いことなので、その場その場のルールに適応していく力は必要です。

 

次に、どうしても自分にだけ風当りがきついというときには、自分に何か悪いところがあるのかもしれません。口の利き方を始め、アドバイスを素直に受ける、自分だけでなく周りの仕事も手伝うといった姿勢や気遣いはどこでも必要です。また、仕事ができないことが理由なら、何を覚えてどう動いたらよいのか聞いてみましょう。もちろん、自宅や休憩時間を使って勉強することも大事。

 

ただ、どうしても自分で直せないことできつくあたられているのなら、それは諦めるしかありません。例えば後で入った人は、人材確保のために好条件で就職していることがあります。当人は当然で入ってきますが、古くから勤めている人にはその条件はついていないかもしれません。そうなるとやっかみの対象になります。こういったトラブルを事前に回避するためにも、転職時にその職場のことを情報収集しておくことは必要です。ですが、給料以上に働けば、周りは認めてくれるようになるものです。

 

苦手な人がいるからと逃げるのではなく、その場その場で適応していく力を持っている人はどこに行っても強く、何でも乗り越えていけます。

心のバランスのとり方

 仕事をしている限り、一人ではありません。必ず人間関係というものはあります。人間関係で困るとすぐに転職していると、一生転職し続けることになります。ではどうしたら良いのでしょうか?

  • 強みをもつ(新しいことにチャレンジする)
  • 適切な距離をとる
  • 自分の軸をもつ
  • プライベートを充実させる

「○○といったら、△△さん!!」といったように、何か周りも認める強みを持つと近道です。強みがあると、周りにも大事にされます。循環器に強い人がいなかったら、自分がその分野に特化してみるのです。自分に循環器の経験があれば、一層強みになりますね。  

 

なかなかできないのが、適切な距離をとることです。患者も看護師も医師も人間ですから、同じ対応で良い訳がないのです。ですから、自分がその時々の相手に合わせた行動や言動をとらないといけません。口で説明できるものではありませんが、この感覚の欠けている人が、転職を繰り返している人に多いですね。

 

また、他人ではなくて自分の軸をしっかり持つことも大事です。軸があれば、周りがどう吠えていようと、どんな部署でもやっていけます。暇な時間に人の悪口ばかり言う人がいても、自分はそれを流して今できる仕事をする。人として恥ずかしくない仕事をしていれば良いのです。どうしても雰囲気の悪い職場の場合は、自分の軸さえぶれないようにして、あとは流しても良いでしょう。人の命を助けるのが看護師の役目ですから。

 

プライベートを充実させると、仕事の時間が苦痛ではなくなってきます。プライベートといっても、働くお母さんには時間がありません。好きな本を読むのでも、おいしいケーキを食べることでも、いいですね。自分の心のバランスをとるためには、ご褒美も必要です。ただし、買い物はほどほどに。
 一番のおすすめは、新しいことにトライすること。新しいことを学ぼうとすると、自然とモチベーションが上がります。

 

看護師は転職率が高いです。確かに、1日の大半を過ごす場所ですから、気分良く働きたいですよね。けれど、やはりこのご時世でも常に仕事があるというのはありがたいもの。安易に好条件を求めて転職するのではなくて、自分を成長させることを第一に考えましょう。